[Get Picture]
トップ 車庫証明に関係する法令等

車庫証明の申請書記載事項

 車庫証明の申請書は,千葉県の場合4枚複写のものを警察署で貰うことができます。
 これは千葉県の様式ですので,他の都道府県ごとに様式は異なるものとなります。他県等の様式が絶対に使用できないということもございませんが, 実務上の経験から,他県等の様式の場合ですと,5枚複写であったり,氏名記載欄が4枚目まで複写されない様式等もございますので,この点注意が必要です。
 弊所では,日常的に他県等に所在するディーラー様からの車庫証明代理手続の委任を数多く受けておりますので, 委任事案がある場合には,予めご連絡を頂ければ千葉県の様式を白紙の状態でディーラー様等に郵送することも可能です。

 警察官からは特段の指定がなされないかもしれませんが,一般的に官庁提出書類等は,黒色油性ボールペンで記入することが多いので, そうすることで間違いないかと思います。誤記がある場合には,訂正印が必要となりますので,修正液等の使用は認められません。
 近時「消せるボールペン」もございますが,車庫証明のみならず,多くの行政手続きにおいて同ペン使用して作成された書類は不適合となる点も注意が必要です。

自動車保管場所証明申請書の各記載事項

 「車名」,「型式」,「車台番号」,「自動車の大きさ(長さ,幅,高さ)」欄については, 中古車であれば,旧所有者の所持する車検証の記載事項と違わぬように記載すれば問題ありません。

 新車の場合には,ディーラー等に確認するより他は方法がなく,車台番号等については,謂わばその車だけにふされる個体識別番号ですから, 行政書士や警察に問い合わせても判明するものではないことをご注意ください。

 「車名」については,誤記載の例として,日産のマーチを購入して車庫証明手続きをする場合,「マーチ」ではなく,「ニッサン」等と記載します。
 中古車の個人売買や相続の場合,つまり車屋さんが介入していない事案に見受けられることが多いので,必ず車検証を確認して記載するように注意しましょう。

 「型式」「車台番号」については,数字とアルファベットが混在することになりますので,例えば数字の「1」とアルファベットの「I」が誰が見ても判別できるよう楷書で丁寧に記載する必要があります。
 場合によっては,縦に1本線を引いただけでは不備となってしまう可能性もございます。

 新車の場合,「車台番号」が車庫証明申請時点では判明していないケースというのも珍しくありません。
 その場合には,同欄を空欄のまま申請し,受領の際に記載すれば良く,特別の措置を必要としません。逆説的に,車台番号が確定するまで交付されない点は注意が必要です。

「自動車の大きさ」については,千葉県の場合,一部警察署において,「ミリ単位を切り捨てでも良い」と指導されることもございますが, 絶対的に切り捨てる必要もなく,むしろ,145.5センチメートルのように小数を記載するケースのが実務上多い様に思います。

自動車の使用の本拠の位置

 個人の場合には,通常,申請者本人の住所を記載することになります。
 住所記載時には,住民票や印鑑登録上の住所を記載します。地番と住居表示が異なる場合にはご注意ください。
 記載の方法については,千葉県では「ー(ハイフォン)」の表示をもちいても通常は受理されております。

 こちらに記載するのは,あくまでも,その車を使用する本拠となる位置ですから,必ずしも申請人の住民登録の住所であるとは限りませんし,  また,法人にあっては,支店登記のされていない支店や営業所等のこともあります。
 このように一見して使用の本拠として判別できない場所には,その相当性を証明・説明する必要があります。
 個人の住所と違う場合には,単に「友人の家を本拠にします」というのは認められない可能性が高いですが,これが,2011年の東北大震災に起因する避難の証明書があり,千葉県に避難している等の証明をすれば認められます。
 法人の支店や営業所の場合,そこに営業所等が存在し,且つ,実際に営業所として機能している等の証明が必要となり,多くの場合,水道光熱費等の領収証や消印のある郵便物の写しを提出します。
 このように,使用の本拠が住所や法人の本店所在地等でない場合には,添付資料を提出する必要がでてきますので,ご不明な場合には,予めご相談ください。

自動車の保管場所の位置

 駐車場(車庫)の住所を記載します。こちらは承諾書に記載の住所と同一である必要があります。
 駐車場の住所の他,駐車場の名称や駐車位置番号も記載することもございます。

 注意点としては,「使用の本拠の位置」と住所が同一である場合,同欄の下部に本項の記載欄があることから「同上」のように省略表記をすると,千葉県の場合には受理されない警察署があります。
 個人的には,大丈夫な警察署と駄目な警察署が混在しているのも問題があるように思いますが,少なからず現状においては駄目な警察署がありますので,特に他県等の車屋さんはご注意ください。

 車庫証明の申請をする警察署は,こちらの欄に記載された住所を管轄する警察署となる点も注意が必要です。
 住所が船橋市でも,車庫の位置が習志野市ならば,管轄警察署は習志野警察署となります。

保管場所標章番号

 現に当該保管場所で他の車で書庫証明を取得しており,保管場所の変更がなく,自動車を買い替える場合等に,現在使用している車(下取り,廃車にする車等)のステッカー番号を記載します。
 必ず記載しなくてはならないという項目ではありませんので,上記のような事情がある場合にのみ記載し,それ以外の場合には,空欄のまま提出します。

 

日付,住所,氏名,押印

「日付」は,書類を作成した日ではなく,「警察署提出日」となります。
 ですから,行政書士に委任する場合には,実際に我々が警察署に行った日に警察署の窓口で記入します。

「申請者」とは,通常,車両の名義人になる方のことです。
 ですから,こちらに記載する「住所」は個人であれば印鑑登録上の住所,法人であれば本店所在地となります。
 上記「使用の本拠」で説明のとおり住所や本店所在地以外の場所での申請である場合にご注意ください。
 氏名に関しては,法人の場合は,名称のみならず,代表者の氏名も記載することとなります。

「押印」に関しては,4枚複写になっておりますので,4枚とも押印する必要があります。
 他県等においては4枚目は押印不要等あるようですが,あくまでも千葉県では4枚目まで押印がなければ受理されません。
 押印する印鑑については,個人の場合には,実印である必要はなく,認印で大丈夫ですが,法人の場合には,実印(登録印)を押印することになります。

申請書の下部

「所有区分」とは,保管場所(車庫)が誰の所有であるかによって,丸で囲みます。
 不動産屋さんを介して駐車場を借りている等の場合には,「他人」となります。

「代替車登録番号」「車台番号」は,入れ替える車両がある場合に下取・廃車にする車のナンバーと車台番号を記載します。

連絡先は,日中連絡のとれる携帯番号等を記載します。


大きな地図で見る

車庫証明申請取扱いの多い地域
千葉市花見川区、千葉市中央区、千葉市稲毛区、千葉市若葉区、千葉市美浜区、千葉市緑区、船橋市、習志野市、鎌ヶ谷市、市川市、浦安市、四街道市、八千代市、酒々井町、冨里市、成田市、八街市、柏市、松戸市、白井市、印西市 市原市、袖ヶ浦市、茂原市、東金市、他の遠方地域でもご用命頂いております。

TOPへ

車庫証明書類送付先

〒262−0022

千葉市花見川区南花園1−42−1

 イーストサイドテラス103号室

電話 043−372−8513
  080−5012−1148

宛名 千葉国際行政書士事務所

お急ぎの場合、送付方法も事前告知ください

[Get Picture]